人気ブログランキング |

日々独服




独服


f0376124_19541399.jpg



菓子は「唐衣」

ういろう生地で小豆餡と白餡の二重餡を包み

杜若の花を模しています。



f0376124_19544274.jpg




茶碗は一見「大樋」のようですが

黄瀬戸釉?の楽焼です。



f0376124_19551507.jpg


掻き銘には「如」?の一字



f0376124_19554399.jpg



兼中斎宗匠の書付で「木立」の銘

「松林軒手造茶碗」とありますが未だに不明。


謎多き「はてなの茶碗」です。



# by muichimotu | 2019-05-19 19:22 | 無庵 | Trackback | Comments(0)

沢水



沢水



f0376124_20253148.jpg
f0376124_20240174.jpg



露地の蹲踞の直ぐ脇に小さな沢が流れており

裏山からの水なので雨量によって水量が変わります。


この沢のせせらぎが常に露地や茶室にも響き

お客様に「人工的な細工ですか?」と疑われますが

正真正銘「天然」BGMです。




f0376124_20290186.jpg



此処で聴こえるのは

「せせらぎ」「鳥の声」「風の音」「雨音」「虫の音」

ぐらいで人工的な音はあまり耳にしません。


そろそろ蛍が飛ぶ頃です。





# by muichimotu | 2019-05-17 17:35 | 森の山里 | Trackback | Comments(0)

清風入梧竹

f0376124_20092435.jpg



清風入梧竹

小堀定泰老師筆



f0376124_20114873.jpg

# by muichimotu | 2019-05-16 19:16 | 茶乃湯歳時記 | Trackback | Comments(0)

掛灯台



掛灯台



f0376124_17002071.jpg


水屋用の掛灯台を作りました。

場所が狭く置き場所がない時に使う壁掛け用の灯火台です。


1畳台目、2畳などの極小侘び茶室などでも使用されます。




f0376124_00571858.jpg




古民家ですので基本的に部屋以外の照明がなく

かと言ってあちこちに新設するのは好ましくない。


昼間でも小間茶室用の水屋がどうしても暗いので

前々から作らねばと思っておりました。




f0376124_00565982.jpg



GW中の宿題にしていましたが

最終日になんとか作りました。



# by muichimotu | 2019-05-14 17:53 | 田舎家 | Trackback | Comments(0)

空豆




空豆


f0376124_21034859.jpg


煮物椀

空豆団子、独活、こしあぶら、木の芽




f0376124_20330359.jpg


初夏は豆の季節

中でも圧倒的な存在感の「空豆」は

豆の王様!



f0376124_20332311.jpg


濃厚な味と香り

色鮮やかな緑はまさに旬


f0376124_20334473.jpg



何気に形も豆型に

あまり気付く人はいませんが...



# by muichimotu | 2019-05-12 21:04 | 四季懐石 | Trackback | Comments(0)

精進懐石 無庵          静岡県周智郡森町問詰832-3  https://www.kaiseki-muan.com/       0538(84)6308       muan@bf6.so-net.ne.jp


by 甚兵衛