灰仕込 弐



灰仕込み つづき


f0376124_20051589.jpg
f0376124_20060339.jpg


天日干しで乾燥した「アク抜き灰」と

炉に使用した「炉灰」を合わせます。



f0376124_20212927.jpg


これを「茶汁」で染めますが

貯めておいた出がらしの番茶の葉を煮出し、

そのまま一晩おいてしっかり出し切ります。



f0376124_20053929.jpg
f0376124_20062848.jpg



茶汁を加えてしっかり練りますが、

およそ土壁程度の固さと云います。



f0376124_20065232.jpg




木樽に移し入れて

あとは風通しの良い場所で保管し、

秋になり適度に乾燥するまでお休み頂きます。



[PR]
トラックバックURL : https://mu1motsu.exblog.jp/tb/29982207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by muichimotu | 2018-08-09 16:20 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

精進懐石 無庵          静岡県周智郡森町問詰832-3  https://www.kaiseki-muan.com/       0538(84)6308


by 甚兵衛