紋付




紋付




f0376124_20333403.jpg



一年中、着物で生活していますが

普段着の着物に紋は入っていません。


家紋入りのいわゆる『紋付』は同じ着物でも格が上がります。

数では「五つ紋」「三つ紋」「一つ紋」、

種類では「日向紋」「中陰紋」「陰紋」「覗き紋」など、

方法では「染め抜き」「貼り」「刷り込み」「縫い」「刺繍」など、

それぞれに格の上下があります。



f0376124_20235400.jpg
f0376124_17281704.jpg
f0376124_20385780.jpg



いずれにしても『紋付』は慶事・弔事に関わらずハレの着物なので

正式あるいは公けの場、目上の方など相手に敬意を示すときなどに着用し、

普段着とは全く別物です。


ですので、『紋付』に袖を通すだけで

身が引き締まり背筋が伸びる想いがします。



私の場合、そんな改まった場に出る事はほとんど無いので

一年で『紋付』を着るのは数回程度、

正式な茶事や茶会、冠婚葬祭ぐらいです。

大体にして正絹の着物すら滅多に着ませんが...





[PR]
トラックバックURL : https://mu1motsu.exblog.jp/tb/30127768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by muichimotu | 2018-10-26 16:15 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

精進懐石 無庵          静岡県周智郡森町問詰832-3  https://www.kaiseki-muan.com/       0538(84)6308


by 甚兵衛